Woong San公式サイト
 
トップページ Profile New Album 1st. Album Tour
 
 
 

Woong San Korea Site
http://www.woongsanjazz.com


Magazine of Korea
韓国で絶大な人気を誇るウンサンは、数多くのマスコミから取材を受け、音楽誌や一般雑誌などで大きく取り上げられています。
ここに紹介しているのは、その中のほんの一部です。
 
 
 

Woong San Profile
人気、実力ともに韓国ナンバー1のジャズボーカリスト。
2004年、ピアニストBenny Greenを中心にNYのトップミュージシャンを起用してレコーディングされたアルバム「Introducing Woong San」をリリースし日本デビュー。
スタンダードナンバーを通常のスイングだけではなくファンクやロックフィールで表現したそのサウンドと歌声が、圧倒的な評価を受けた。
2006年には2ndアルバム「Call Me」を日韓両国で同時にリリース。大半が自身のオリジナル曲という意欲作。
レコーディングには韓国での自身のレギュラーバンドメンバーの他、鈴木央紹(sax)、秋田慎治(p)等日本のトップミュージシャンらが参加。Jazzはもちろん、ブルース、ファンク、ボサノヴァと様々なジャンルのチューンに唯一無二の歌声とグルーヴ感を注ぎ込んだ。
2007年には3rdアルバム「Yesterday」をリリース。発売まもなくから爆発的なセールスを記録し、ジャズ評論家からも高い評価を受ける。
そしてこのアルバムは、2008年Korea Music Awardにおいて「Album賞」と「歌唱賞」受賞。
現在、ドラマ音楽や映画音楽、そしてミュージカル出演など、すでにジャズという枠にはとらわれないアーティストとして幅広く活動。
日本でも東京・大阪を中心に各地で精力的にライブ活動を行っている。
天性のグルーヴ感と一度聴いたら忘れられないスウィート・ハスキーヴォイスは、国境を越えて数多くのファンから愛されている。

1996年
シン・ガヌン(p)、ユ・ボクソン(per)らスカウトされ、ジャズ歌手としてデビュー。
1997年
「KOREA ALL STAR JAZZ FESTIVAL」に、メインボーカルとして出演
1998年
「NEW JAZZ DIVAS CONCERT」出演。東京にて「8・14終戦記念前日音楽祭」出演。
韓国国営放送KBSテレビのジャズ番組「Jazz Club」の司会に起用される。
2000年
韓国ジャズ誌「MONCH MUNK」の人気投票において、ボーカル部門 2000年度第1位。
2001年
デンマーク・コペンハーゲンジャズフェスティバル出演。
同年8月 オーストラリア・ウェンガルタ・ジャズフェスティバルに出演、Mike Nocks(pf)trioと共演。
同年8月 韓国全州ワールドサウンドフェスティバル出演。
2002年
フィンランド政府より招聘を受け、PORIジャズフェスティバル出演。
韓国ジャズ誌「MONCH MUNK」2002年度MM JAZZ AWARDでミュージシャン人気投票総合第5位。
2004年
日本デビューアルバム「Introducing Woong San」をリリース。
2005年
2ndアルバム「Call Me」(韓国では「The Blues」)をリリース。
2006年 韓国BTN-TV「Live Concert Poong Gyoung」総合司会。
「Korea Big Five Jazz Concert」出演。
NHK 総合テレビ「関西ジャズ」出演。Woong Sanのドキュメンタリー番組がSky Perfect TVのチャンネル749にて放送される
2007年 3rdアルバム「Yesterday」をリリース。
鳥取県境港「妖怪ジャズフェスティバル」出演。
山口県下関「Big Wing Music Festival」出演。
2008年 Album「Yesterday」が2008年Korea Music Awardで「Album賞」と「歌唱賞」受賞。
またKoreaで2008年人気投票Jazz部門1位、2008年Jazz Divaに選ばれる。